クレジットカードで失敗しないための基礎知識

Category: 未分類

使い方によっては住宅ローンに影響が!

家日常の買い物で使用しているクレジットカード。そんなクレジットカードと、家を建てる際に利用する住宅ローンは別々のものと考えがちですが、実は、クレジットカードの使い方によっては住宅ローンに影響が出てしまうことがあるんです。

 

いざ住宅ローンを利用しようと思ったときに、審査に通らない…ということになっては困りますよね。ここでは、どのような使い方をした場合に影響が出てしまうのかについてご説明していきます。

ローンやキャッシングの延滞はNG!

住宅ローン審査の際には、収入や勤務先等個人情報のチェックが厳しく入ります。しかし、それ以上に厳しい目で見られるのが、クレジットカードの利用状況です。きちんと返済が出来ていれば問題はないことが多数ですが、延滞をしたことがある人は要注意。

 

延滞記録は、5年間残ることになりますので、住宅ローンの申し込みは記録が消えてから行うというのもひとつの方法です。

実は、クレジットカードの保有枚数にも影響が

きちんと返済を行うことができるとしても、必要以上のクレジットカードを保有するのもオススメできません。なぜならクレジットカードには、通常キャッシング機能がついており、資金繰りが上手く行かなくなった場合、このキャッシング機能を利用して多額の資金をつくる可能性があるとみなされてしまうからです。

 

審査をする側からすれば、できる限り不安要素は排除したいもの。もし、全く使っていないクレジットカードが多数ある場合は、一度整理してみた方が良いかもしれません。

クレジットカードの使い過ぎ防止のコツ

いろいろなお店で使うことが出来るクレジットカードは、とても便利なもの。でも、気軽に使えてしまう分、ついつい使いすぎてしまい、明細を見て真っ青…なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

手軽で便利なクレジットカードですが、後々支払いを行うのは自分です。支払い可能金額を超えてしまった…ということがないように、ここでは、クレジットカードの使い過ぎ防止のコツについてご説明していきます。

財布の中に入れっぱなしは×

いつ必要になるかわからないからと、どんなときでもクレジットカードを財布の中に入れたままにしていませんか?いつでも財布の中にあると思うと、安心感からついつい衝動買いをしてしまいがち。本当に必要なときにだけ、財布の中に入れることでクレジットカードの存在を意識することが使い過ぎ防止のコツです。

クレジットカード明細は最低月2、確認しましょう

困るクレジットカードの買い物は、その場では「お金を使った」という感覚が薄くなりがちです。ほとんどのクレジットカードの場合、HP上で明細確認を行うことができますので、最低でも月に2回は支払い金額を確認してください。

 

また、楽天カードの場合、店舗でのクレジット処理が行われたタイミングで、登録しているメールアドレスにカード使用のお知らせメールが届きます。「使った」感が高まりますので、結果使い過ぎ防止にもなり便利です。またこれは、カードの不正利用が行われた際にもすぐにわかりますので、安全上から見ても便利なシステムです。

海外でクレジットカードを使うときの注意点

年間1,800万人を超える人が海外旅行に行く時代。海外旅行の際にはクレジットカードを持っていると便利ですね。でも、日本で買い物をするときと同じように思ってはいませんか?実は、海外でクレジットカードを使う際には注意しておいたほうが良いポイントが存在します。ここではその注意点についてご説明します。

請求金額は必ずチェックしてからサインをしましょう。

海外でのクレジットカード利用で多いトラブルが「買ったものの金額と、後日カード会社から請求された金額が違う」というものです。この際にレシートという証拠があれば、もしそんなトラブルが起きた場合でも、海外旅行保険の補償対象となる可能性があります。

 

何も証拠がなければそのまま泣き寝入りするしかないという場合も…。また、サインをする際には金額をきちんと確認することや、商品を返品した際には目の前で破棄してもらうこともお忘れなく。

危機管理意識を高く持つこと。日本と同じ考えはNG!

現に日本でもスキミング等の犯罪も行われていますが、日常クレジットカードを利用する際や持ち歩くときに気を配っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

 

日本ではその状態でも問題が起きないことが多いですが、海外では別です。クレジットカードを不用意に店員に渡さないことや、財布やカードをコートのポケット等に入れたままにしないことが大事です。

 

自分の目の届かない場所にクレジットカードを置くことは避けましょう。また、暗証番号の入力の際は周囲の人に覗かれないように気をつけてください。

還元率とは?還元率の高いクレジットカード

クレジットカードを選ぶ際に、よく目にする単語に「還元率」というものがあります。この還元率、実はクレジットカードを選ぶ基準となるとても大切なものということをご存知でしたか?ここでは、還元率とは何か、また還元率の高いカードにはどのようなものがあるか順を追ってご説明しています。

還元率とは一体何?還元率の計算方法について

クレジットカードを使って買い物をした場合に溜まるポイント。通常、このポイントは商品や金券と交換することができます。

 

例えば、A会社のクレジットカードは、1,000円の買い物につき1ポイント付与され1,000ポイントで5,000円分の金券と交換できるという場合、1ポイントの価値は5円となります。1,000円の買い物で、5円還元されるわけですから、還元率は0.5%です。ただし、ボーナスポイントや特別キャンペーンなど、ポイントの付与は一定ではありませんので、あくまで参考として考えることをオススメします。

 

還元率の高いカードとは?

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~1%といわれていますが、中には還元率が2%を超えるクレジットカードも存在します。その代表的なものがJCBの「リクルートカードプラス」。

 

年会費が必要ですが、還元率が通常でも2%と高く、旅行サイトじゃらんやホットペッパー、ホットペッパービューティなどリクルート系のサイトで使用した場合、更に還元率があがるというお得な点も。

 

また溜めたポイントはローソンの「Ponta」ポイントに変換することも可能です。他にもジャックスの「REX CARD」は還元率は1.75%とリクルートカードプラスよりは低めながら、なんといっても現金と交換できるという嬉しいシステム有。どちらか1枚は、メインカードとして持っておきたいクレジットカードです。

クレジットカードの選び方

日本国内だけでも1000種類を越えると言われているクレジットカード。自分に合ったカードを選ぶのが一番とわかっていても、その「自分に合ったカード」がどれなのかを探すのは結構大変だったりしませんか。ここでは、クレジットカードの選び方として、大切な2つのポイントをお伝えしています。

何のためにクレジットカードを持つのか、目的をチェック!

あなたは何のためにクレジットカードを持とうと思いますか?ステイタスのためであれば、ゴールドカード、特定のお店での買い物が多いのであれば、そのお店の特典がついたクレジットカード、全般的なポイントを溜めたいならポイント還元率の高いカード…という風に目的に応じたカードを選びましょう。

 

また現金払いより便利だから、というような漠然とした理由の場合は、日常使うことになるお店で対応しているクレジットカードの種類を確認しておくことを忘れないようにしてください。

年会費無料?年会費有料?選ぶポイントは、年間利用料にあり!

まず、クレジットカードを選ぶ際につい目が行く「年会費無料」のキーワード。クレジットカードは持っているだけでほぼ使わない、というタイプの人ならば年会費無料を選んだほうがお得ですが、利用頻度の高い人の場合は年会費を支払った方がお得な場合も。

 

なぜなら、年会費無料のクレジットカードよりも年会費有料のクレジットカードの方がポイント還元率が高くなっている場合がほとんど。クレジットカードを申し込む前に、利用金額を一度計算してみることをオススメします。

クレジットカードの申込と審査

クレジットカードを持ちたいと思った場合、まず始めにすることは申し込みです。申込書に個人情報を記入して郵送する方法だけでなく、ネットから簡単に登録申し込みを行うこともできます。

 

ただし、クレジットカードは申し込んだ人全てに発行されるわけではありません。審査に無事通過した人のみが、クレジットカードを持つことができる仕組みです。ここでは、審査では一体何を見られているのか、また審査に通るために必要なポイントについてお伝えします。

クレジットカードの審査の内容とは?

申し込む際に記入する個人情報。基本的な項目ばかりですがその中でも、重視されているポイントが「職業」「収入」「住居」の3つです。どのような会社に勤めているのか、また収入はどれくらいあるのか、この点については返済能力の有無と繋がってきます。

 

また住居を重要視するのは、夜逃げの心配の有無といわれています。
また、クレジットカード会社は申込書を元に現在の借り入れ状況や過去の返済状況などについて「個人信用情報センター」という中立の立場の機関への照会を行います。

 

審査に通るためのポイント

一般的には、年齢や年収は高いほうが有利、賃貸よりも持ち家、中小企業よりも公務員や大企業といわれていますが、
クレジットカードによって、審査の基準は異なります。急に変えられるものではない分、自分の年齢や年収に見合ったクレジットカードを申し込むのもひとつの方法です。

 

他にも気をつけたいポイントとして、クレジットカードの申し込みの頻度というものがあります。申し込みを行うと必ず個人信用情報センターへの照会が行われ、この履歴が6ヶ月間残りますので、審査に落ちたからといって短期間に次々申し込むことは控えましょう。

Copyright © 2017 クレジットカードで失敗しないための基礎知識

Theme by Anders NorenUp ↑