いろいろなお店で使うことが出来るクレジットカードは、とても便利なもの。でも、気軽に使えてしまう分、ついつい使いすぎてしまい、明細を見て真っ青…なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

手軽で便利なクレジットカードですが、後々支払いを行うのは自分です。支払い可能金額を超えてしまった…ということがないように、ここでは、クレジットカードの使い過ぎ防止のコツについてご説明していきます。

財布の中に入れっぱなしは×

いつ必要になるかわからないからと、どんなときでもクレジットカードを財布の中に入れたままにしていませんか?いつでも財布の中にあると思うと、安心感からついつい衝動買いをしてしまいがち。本当に必要なときにだけ、財布の中に入れることでクレジットカードの存在を意識することが使い過ぎ防止のコツです。

クレジットカード明細は最低月2、確認しましょう

困るクレジットカードの買い物は、その場では「お金を使った」という感覚が薄くなりがちです。ほとんどのクレジットカードの場合、HP上で明細確認を行うことができますので、最低でも月に2回は支払い金額を確認してください。

 

また、楽天カードの場合、店舗でのクレジット処理が行われたタイミングで、登録しているメールアドレスにカード使用のお知らせメールが届きます。「使った」感が高まりますので、結果使い過ぎ防止にもなり便利です。またこれは、カードの不正利用が行われた際にもすぐにわかりますので、安全上から見ても便利なシステムです。