クレジットカードを選ぶ際に、よく目にする単語に「還元率」というものがあります。この還元率、実はクレジットカードを選ぶ基準となるとても大切なものということをご存知でしたか?ここでは、還元率とは何か、また還元率の高いカードにはどのようなものがあるか順を追ってご説明しています。

還元率とは一体何?還元率の計算方法について

クレジットカードを使って買い物をした場合に溜まるポイント。通常、このポイントは商品や金券と交換することができます。

 

例えば、A会社のクレジットカードは、1,000円の買い物につき1ポイント付与され1,000ポイントで5,000円分の金券と交換できるという場合、1ポイントの価値は5円となります。1,000円の買い物で、5円還元されるわけですから、還元率は0.5%です。ただし、ボーナスポイントや特別キャンペーンなど、ポイントの付与は一定ではありませんので、あくまで参考として考えることをオススメします。

 

還元率の高いカードとは?

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~1%といわれていますが、中には還元率が2%を超えるクレジットカードも存在します。その代表的なものがJCBの「リクルートカードプラス」。

 

年会費が必要ですが、還元率が通常でも2%と高く、旅行サイトじゃらんやホットペッパー、ホットペッパービューティなどリクルート系のサイトで使用した場合、更に還元率があがるというお得な点も。

 

また溜めたポイントはローソンの「Ponta」ポイントに変換することも可能です。他にもジャックスの「REX CARD」は還元率は1.75%とリクルートカードプラスよりは低めながら、なんといっても現金と交換できるという嬉しいシステム有。どちらか1枚は、メインカードとして持っておきたいクレジットカードです。