家日常の買い物で使用しているクレジットカード。そんなクレジットカードと、家を建てる際に利用する住宅ローンは別々のものと考えがちですが、実は、クレジットカードの使い方によっては住宅ローンに影響が出てしまうことがあるんです。

 

いざ住宅ローンを利用しようと思ったときに、審査に通らない…ということになっては困りますよね。ここでは、どのような使い方をした場合に影響が出てしまうのかについてご説明していきます。

ローンやキャッシングの延滞はNG!

住宅ローン審査の際には、収入や勤務先等個人情報のチェックが厳しく入ります。しかし、それ以上に厳しい目で見られるのが、クレジットカードの利用状況です。きちんと返済が出来ていれば問題はないことが多数ですが、延滞をしたことがある人は要注意。

 

延滞記録は、5年間残ることになりますので、住宅ローンの申し込みは記録が消えてから行うというのもひとつの方法です。

実は、クレジットカードの保有枚数にも影響が

きちんと返済を行うことができるとしても、必要以上のクレジットカードを保有するのもオススメできません。なぜならクレジットカードには、通常キャッシング機能がついており、資金繰りが上手く行かなくなった場合、このキャッシング機能を利用して多額の資金をつくる可能性があるとみなされてしまうからです。

 

審査をする側からすれば、できる限り不安要素は排除したいもの。もし、全く使っていないクレジットカードが多数ある場合は、一度整理してみた方が良いかもしれません。